9月、Fun×寄付→3000冊をアジアの子どもたちへ提供。先進国・途上国という枠組みを超えた、リアルタイム「感動」空間を、DFAは届けます!
by dreamsforasia
カテゴリ
Members
Concepts
Event
MTG
リハ
連絡
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
カテゴリ:Concepts( 1 )
GIVE & TAKE!! DEFY UR OWN 「幸せ」
皆さんは、日本人として毎日幸せに生きていますか??

がっつり毎日楽しんでいますか??

先日、早稲田の友達が出しているNGO系ボランティア学生団体(@ボルネオ)のフリーペーパーを
読ませて頂きました。

~普通の大学生が考える幸せって何だろう??~

こんなテーマで構成されています。
この雑誌を読んでいて、おそらく人間として重要なことを改めて思い出しました。
まさに「幸せって何?」というテーマです。
使い古された例が多いかもしれませんが、忘れがちなのが、私達ですよね。

あなたの定義で「幸せ」とは何でしょう?

例えば、朝電車に乗って通学する方。
ちょっと寝坊して、遅刻気味。
ダッシュで中央線に乗り込もうとした瞬間、目の前でドアが閉まる。

その時・・・イラっとしますよね。

そのイライラ、一日の大きなリズムにも何らかの形で影響すると思います。

もし時間通り電車に乗れても、満員電車。そこでサラリーマンと押し合って

「もう何で日本ってこんなんなの?」

って思うんじゃないでしょうか。仕事はパッとしない。

給料は良いが、仕事内容・仲間には満足しない点がいくらでもある。

自分はまさに、そう思っている一人でした。俗にいう、「パラダイムシフト」が起きるまでは。


一度、日本のような毎日が時間に追われ、物質に囲まれている世界から離れてみる。
実際に日本を出なくても、一度一人きりになって静寂を受け入れる。

その時、きっとあなたは時間に捉われずに、様々な社会的な制約から解放されている人々を
見ます。

隣人は皆知っている。助け合う、話し合う、笑い合う、泣き合う。
常にGIVE&TAKEな関係。

お金もない。食べ物もあまりない。本もない。学校にもいけない。
それなのに、何でこんなに笑顔が絶えないのか?

そうすると、ガラッと見える景色が変わります。

なんで、こんなにちっぽけなことで苦しんでいたのだろう?
なんで、朝っぱらからこんなに不機嫌な顔してるの?自分。

今までの自分が小さな小さな存在に見えてきます。
勝手に社会が作った「成功」や「幸せ」を追いかけ、
心の底から打ち込みたいことを捨てていく。


目の前で中央線のドアが閉まった瞬間、こう考えている自分に気づく。

「あれ・・何でイライラする必要性がそもそもあるのだろう?」

刺激→反応の流れに自然と変化が生じます。
パラダイムシフトってやつではないでしょうか。

同じ景色を見ているはずなのに、認識が変わる。

「ありがとう」の反対は「当たり前」・・・既にかなさんにはお話をしましたがw
どれだけの恩恵を私達は日常的に享受しているのことか。

それは、「当たり前」を失ってから気づくと思います。
途上国で腹壊す等。

隣に自分同様、電車に乗り込めずがっかりしている者がいても、自分は自分。

自分が無条件にTAKEしている価値に目を開いてみると、
世界はめちゃくちゃ楽しく見え・そう感じられます。

そういった価値に対してGIVE、感謝の気持ちを持って接すると、
日常的な場面で「幸せ」っぽいものが自分の側にある気配を感じます。

いつも通り気づけば語っていましたがw

原点は、GIVE&TAKE!!

「使い古されている」言葉が最も危ないと個人的には想います。

PUT UR OWN DEFINITION. Defy your own happiness. Defy your own success.

このイベントの原点も、エゴな自分だけど、「TAKE」に対する「GIVE」。

日本が既存のルールから解放されて、挑戦したとき、世界の景色はきっと変わります★

9月、世界が変わります。
[PR]
by dreamsforasia | 2009-07-15 23:09 | Concepts


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧